つくしんぼ作業所の理念・取り組み

○ つくしんぼ作業所とは
 知的障害者のための作業所です。
 地域の中で仲間作りをし、お互いに支えあいながら、仕事に生きがいを持って、ずっとこの町で
 暮らしたいという願いを持って頑張って働いています。

○ つくしんぼ作業所の願い
 1.障害の有る無しにかかわらず、お互いの可能性を信じ、学びあい、支えあう仲間になろう。
 2.作業所を、障害者の働く場、心がホッとする場、夢や希望をかなえてくれる場にしよう。
 3.誰もが心豊かに安心して暮らせる地域作りのネットワークを広げていこう。

○ つくしんぼ作業所のあゆみ

 1976年5月   戸坂を拠点とし、「つくしんぼの会」(自主保育)をスタート
 1999年5月   「つくしんぼの家」を開所。週5日、メンバー2名。
保護者運営主体の作業所として、活動開始。
 2002年1月   「つくしんぼ作業所」を開設。(戸坂桜西)
 2003年6月   「つくしんぼ作業所」後援会発足。
 2006年4月   くるめ木に作業所移転。
 2007年1月   特定非営利活動法人 つくしんぼ作業所 となる。